月別アーカイブ: 2017年3月

入試面接について

ビジネス専門学校など、入試面接を受けるときの注意点についてのご紹介です。集合時間前に身だしなみのチェックをして、服装や髪型がきちんとしているかもう一度見直しをしましょう。控え室に案内されたら緊張することはありません。しかしいつでもどこからか誰かに見られているという、意識でいることは大切です。

そして入室となりますが名前を呼ばれたら、しっかりと聞こえる声で返事をしましょう。自分の声が小さいなら大きめに答えます。椅子の横に立って、自分の名前と高校の名前を言って挨拶をしましょう。応答は落ち着いてゆっくりと話します。就職試験と違うので、上手に話すよりきちんと誠実に話せばOK。面接官の質問をしっかり聞いて、その趣旨にあった内容を答えることが大切です。面接官の言葉を遮るようなことは避けましょう。

そして自分のしゃべり癖を知っておくことも必要です。例えば「えーと」を使いやすい人は、極力言わないように。また「それで」とか「やっぱり」「あのー」なども癖を持っている人もいます。自分では意識がないこともあるので、友達などにも聞いてみるといいでしょう。最後は椅子から立って、その場できちんとお礼を言って一礼して帰ります。

学校の選択法

専門学校に行くなら学校選びも大切です。まず許可校と無許可校があります。とはいっても無許可校の程度が低いということではありません。無許可校でも許可校より熱心に教育し、社会でも多くの卒業者が活躍している学校もあるので、無許可校と許可校は優劣には関係ありません。しかし無許可校は通学定期割引や奨学金などが受けられないなどの問題を抱えています。また、もし大学に行きたいときなどの、大学への編入制度なども違うので、その辺を考えるとやはり許可校を選んだ方がいいのではないでしょうか。

次に同じような系統のコースであっても学校によって、その授業内容やカリキュラムはだいぶ違います。先生のレベルやなども違いがあるので、単純に同じようなコースなら、どの学校でも同じとは言い切れません。パンフレットを取り寄せて、いろいろな学校を見比べることも大切です。

そして通う学校の雰囲気もとても重要です。まずその学校の雰囲気をチェックするために、オープンキャンバスなどにはできるだけ参加するようにしましょう。そこで先生や先輩と話しをしてみるのもおすすめです。自分にとってなんとなく合う雰囲気、あまり合わない雰囲気ということも、肌で感じることができるでしょう。